bliss*

自然療法・フィギュアスケート・ハスキー犬・異種間コミュニケーション動画で、Happyな毎日を♪

*

フィギュア4回転以降は英語でなんて言うの?

      2015/04/28

フィギュアスケートについての素朴な疑問を調べてみました。
ジャンプの回転数による呼び方です。

1回転ジャンプ → シングル(Single)
2回転ジャンプ → ダブル (Double)
3回転ジャンプ → トリプル(Triple)
4回転ジャンプ → 4回転  ??
5回転ジャンプ → ?????

・・・あれっ!?

なんで4回転からは日本語なのでしょう?
英語圏の人は何と言っているのか気になります。

きっと読みづらくて舌噛みそう系なんだろうなーと予想・・・

一瞬、「4」だからカルテット(quartet)じゃない?と思いましたが、
あれは4人組とか音楽用語で4重奏という意味でした(笑)

というわけで、4回転と、それ以降を調べてみました。

4回転は英語で・・・

Quadruple

でした。やっぱ読めなかった。

その意味は、
「4重の」、4部(4者)からなる

で、カタカナ表記するとクワドラプルだそうです。

このページの単語(quadruple)の横にある[音声を再生]をクリックすると聞くことができます。
http://dictionary.goo.ne.jp/leaf/ej3/68375/m0u/Quadruple/

でもこれ、さすがに英語圏でも長いし言いづらいので、
「qaud(s)」と短くするそうです。

Wikipediaにも、
「4回転し着氷するジャンプはクアドジャンプまたは4回転と呼ぶ。」とありました。

というわけで、結論は

4回転ジャンプ → クアド(quad)

でした。

(クワドとクアドで表記ゆれがありますが、発音的には中間かも)

はー、スッキリ。
これじゃ定着しないのもうなずけますね。聞いたことなかった。

でもちょっとカッコいいかもしれません。
羽生選手の美しいクアドジャンプ!みたいな。

***

ちなみにカルテット(quartet)は4重奏でしたが、
音楽ではクワドラプルも「4拍子」という意味で使うそうです。ほぉー

***

では、気になる4回転以上はどう言うのでしょうか?

4回転以降はこう言う

5回転 → クインティプル(quintuple)
6回転 → セクスタプル(sextuple)
7回転 → セプタプル(septuple)
8回転 → オクタプル(octuple)
9回転 → ノナプル(nonuple)
10回転 → ディカプル(decuple)

語尾に「~ple」をつけるんですね。

あまり日本では定着してない言い方です。
やっぱり馴染みがあるのはトリプルまでですね。

いつか、フィギュアスケートでも5回転ジャンプをする選手が出てくるのでしょうか?

スポーツの世界は日々進化していきますけど、
そこまで行くと体の負担が怖いかも。というか速すぎて見えなそう。

全く関係のない余談

10が「ディカプル」というのを知って、

なんとなく、ディカプリオと関係あるのかな?と思いました(笑)

日本でも数字のつく苗字は結構ありますからね。
一之瀬とか二宮とか。
ついでにそれも調べてみました。

すると、

レオナルド・ディカプリオさんはお父様がイタリア系で、
ディカプリオという姓は「カプリ島の」という意味だそうです。

まったく関係ありませんでした。

そして名前の「レオナルド」は
彼がお腹にいる頃、レオナルドダヴィンチの絵の前で
お腹を蹴ったことからつけられたそうです。

へぇー

って何の話だ~ε=(>ε<)

 - フィギュア・羽生選手, 未分類 ,