後宮つぶし!恐怖の洗顔水<韓ドラ・奇皇后> | bliss*

bliss*

自然療法・フィギュアスケート・ハスキー犬・異種間コミュニケーション動画で、Happyな毎日を♪

*

後宮つぶし!恐怖の洗顔水<韓ドラ・奇皇后>

      2015/03/24

奇皇后、見ています。
ハ・ジウォンさんはチェオクの剣の頃から好きで、
ファン・ジニ、シークレット・ガーデンなど結構見ました。

奇皇后 -ふたつの愛 涙の誓い-26話「女の闘い」で、
毒草を使った後宮つぶしのエピソードが出てきたのでメモしておきます。

陛下タファンに愛されていない皇后タナシルリが、側室たち(特に主人公のヤン)に嫉妬し、潰してしまおうと躍起になっているシーン。

タナシルリは恐ろしいことを平気で言います。

側室らの顔を見られぬものに!

タナシルリ
「側室らの顔を見られぬものにしろ。それで陛下も近づくまい。」

女官(ヨンファ)
「承知しました」

・・・

その後、
雑用係たちが素知らぬ顔で、ヤンの元に洗顔水を持ってきます。

「洗顔水をお持ちしました。」

ヤンは、その香りに気がつきます。

ヤン
「良い香りね。これは何だ?」

雑用係
「肌に良い菖蒲水(しょうぶすい)です。」

※5月に入る「菖蒲湯」は薬湯の一種で、良い香り(精油成分アサロン、オイゲノール等)によって悪疫を退散させようとする民間療法。根の部分には、血行促進や保湿効果の薬効がある。

そこで、ヤンはあることを思い出します。
側室になるため協力してくれたタルタルの言葉です。

タルタルの言葉を思い出す

<回想シーン>

タルタル
「側室の顔を狙うのは、後宮での潰し合いに良く使われる手の一つだ。」

「これは、立金花(りゅうきんか)、こちらは梅蕙草(ばいけいそう)。そしてこれが、石蕗(つわぶき)。」

「どれも、かぐわしい香りだが・・・抽出した汁には、肌がかぶれる毒がある。」

「さぁ、匂いを嗅いで覚えろ。」

33211452

※タルタル役の役者さん、めっちゃ良い声です。

香りで思い出したヤン

タルタルの教えを思い出したヤンは、注意深く香りを確かめ、気づきます。

ヤン
(梅蕙草の香りだ)

しばし考えたヤン・・・
雑用係たちを呼びます。

ヤン
「近くに寄れ」

そして・・・

そのまま「偽菖蒲水」をぶっかけます。

悲鳴をあげ、慌てふためく雑用係たち。

ヤン
「ただの菖蒲水なら、なぜ怖がる?」

そして、雑用係たちと、ヤン以外の側室たちは、
肌荒れに泣いたのでした。

本当に毒があるの?

この植物たち、調べてみました。

立金花(りゅうきんか)

黄金色の花をつけることから立金花と呼ばれる。
学名Calthaはラテン語で「強い匂いのある黄色い花」という意味。
若芽は食用可能であるが、基本的に有毒。
花言葉は「必ず来る幸福」

梅蕙草(ばいけいそう)

ユリ科の多年草で、強い毒を持つ。
6~8月に咲く緑っぽい花には香りがある。
火を通しても毒は消えない。

石蕗(つわぶき)

キク科ツワブキ属のフキに似た多年草。
茎と葉は民間薬として、打撲や火傷に用いられる。
フキと同じように茎を食用とすることもある。

・・・

とのことでした。
つわぶきのみ、有毒かどうか不明でした。

この中で最強なのは、やはり梅蕙草(ばいけいそう)ですね。
これを洗顔水として持ってくるなんて、かなりえげつない感じ。
恐ろしい!

 

それにしても、
植物たちも薬にされたり毒にされたり、大変ですね。

 - 海外ドラマ, 韓ドラ